FREE SHIPPINGFREE SHIPPING ¥10,000(税抜) 以上のご購入で送料無料
CATEGORY : STAFF DIALY

LHR15-2発売

Why now?
LHR15-2



もはやLHR15-3が発売されそうなタイミングでのマーク2発売。
もちろん正規モノ新品です。




理由はいくつかあるのですが、要は競合さんと渡り合える価格で発売できそうだったからに他なりません。
LHRxx-3系は内容や価格から導入するか判断したいと思いますが、マーク2と大差ないかつ価格が大きく上がるなど総合的に導入の意味そのものを判断したいと思います。回転数も変わっているので、技術部と相談する必要がありそうです。




LHR15-2のいいところ




パワーで言えばBR112やLHR21マーク2と比べると見劣りしてしまうLHR15-2ですが、このポリッシャーの特徴はキレ(研磨力)と仕上げ性能(平滑化)の「中間的である事」であり、利点としては一台で様々なケースに対し「事足りる」ことにあると思います。
この事足りるという言葉が持つポジティブ・ネガティブ要素について、皆様はどう捉えられたでしょうか?個人的には好きな一台であるのですが、BR112の強烈なパワーを一度体感してしまうと物足りなさも感じてしまうのは事実です。それでもなお、このLHR15系 Bigfootを敢えて今リリースしました




例えば




出張作業で一台をこなす時間が限られているので、下地作業(洗車含む)→研磨→仕上げまで数時間〜一日で終わらせる必要がある等、程よく研磨して、程よく仕上げる事に対して最適なポリッシャーと考えられます。




少し話は逸れますが、キレと仕上げ性能は概ね相反する性能であり、特異な性質を持ったポリッシャーやバフ・コンパウンド以外は、この性質は覆らないモノであると考えます。




簡単に言うとこんなイメージ




研磨レンジという話をちょいちょいしてますが、LHR15に当てはめた際の研磨レンジのイメージはこんな感じです。








図にすると分かりやすい…かな?




高額なカーディテイリングのようなシビアな世界であると仕上げ性能は当然のこと、作業速度=お客様への請求にも繋がる重要な分野なので、研磨力=スピードも大事。つまり、高額で時間をかける必要のある場合のディテイリングにおいてはLHR一本では中途半端になってしまいます。
しかしながら時間をかけられない作業の場合なら…?
BRでは仕上がりに満足がいかない、EVOでは時間がかかりすぎるとなるならば選択肢は1つですね!




なお、LHR15-2は今ならなんとRUPES純正フォームバフまたはファイバーバフを1枚サービス!そして数量限定でSUPER特価!




ここからまさかの5%引き!




つまり52,000円ちょいでたっかい純正バフまで付いてきて、しかもポイントも付いて送料も無料…。




こいつ、やらかしたと思うでしょ?ぶっちゃけ、とある会社に徹底対抗しています。負けてないマケタクナイカチタイマケタクナイカチタイマケタクナイカチタイ!
そしてBulletは今年、「ポリッシャーならどこにも負けたくない宣言」をしたい!




ポリッシャー買うならBulletで




すでにPE-202やPEG-132、BR112AES単体やルペス各種,そして下取りに下取ったポリッシャー類もスタンバッておりますので、「ポリッシャー買うならまずはBullet見てみよ!」となるようにしていきたいと考えております。
そんなら、覚悟見せなきゃね。…転売しても安いんじゃねこれ。




限定です。ご注文はお早めに!




Bullet Shop Info




Address_埼玉県入間郡三芳町上富850-1
TEL_049-257-7554
FAX_049-257-6039
MAIL_info@propolish.net
OPEN_10:00-18:00
CLOSE_on SUNDAY

POLISH MASTER'S MUST ITEM